ブライス・ドール Blythe Doll

最近私が知ることとなった着せ替え(ファッション人)形があります。
Blythe Doll(ブライス人形)といって身長は28cmですが、頭でっかちで異様に大きな目玉が特徴です。
この大きな目は頭の後ろに付いているヒモを引っ張ると色が4色に変わるのだそうです。
私が持っていたバービー人形とはまったく異なり幼児体型ですから子供が親しみをもてる人形だとか。。

この人形は1972年にアメリカで販売されたのですが、たった1年という短期間で消えてしまったのを玩具製造のタカラ(現在はタカラトミー)がレプリカをだしたのですが2000年に「This is Blythe」という写真集の出版とあいまってインターネットを通じて人気が出たとか。これにより本国アメリカでも復刻版が発売されたそうです。
種類もファッション志向で大人向けの1万円の商品から小さなプチブライスまで販売されていますが、60年代に売り出された身長21cmのリカちゃん人形の衣裳も着せられるそうです。

日本でお茶の間にも知られるようになったのはパルコの2000年のクリスマス用のテレビCMだそうです。
PARCO CM - Have a Blythe X'mas! - YouTube

このでっかい目玉のブライスは「アダムス・ファミリー」に出演した映画女優のChristina Ricci(クリスティーナ・リッチ)にそっくり!

ブライスのオフィシャルサイト
ThIS IS BLYTH
ブライス公式サイト

下記のサイトで目玉の色が変わるのを見ることが出来ます。
(下記のリンクはいづれもアフィリエイトではありません。)
ブライス Amazon.co.jp
(顔の下の小さいサムネールに次々とマウスを置く)

表紙画像をクリックすると中身が覗ける本「This is Blythe」
This is Blythe (BOOK) by Gina Garan - Amazon.com

昔、私が持っていた着せ替え人形というとMattel's Barbie(マテル社のバービー)といって1959年にアメリカで発売された30cmほどのセクシー人形でした。ボインボインのバストとキュッとしまったウエストに細長い手足のファッショナブルな人形でした。
バービーの顔も色々変わりましたが初期(60年代)は手足は動くのですがツイストできずほぼ仁王立ちのポーズでした。
私が持っていたのは金髪のポニーテイルで下記のような顔です。
Vintage Barbie Doll Amazon.com
[PR]
by koukinobaaba | 2010-09-05 15:14 | 面白記事
<< 英語学習ソフト 超字幕 MT エラー Can'... >>