アイスプラントとシオーナ

今冬はじめてシオーナなる野菜を食しました。

類似した野菜にはアイスプラントというネーミングの商品があります。
シオーナ(潮菜)またはクリスタルリーフと呼ばれる植物は南アフリカ原産の「アイスプラント」を改良したハマミズナ科の多肉植物なんだそうです。
海岸の歩道沿いにも見られるそうですが、まるで表皮に塩を隔離するための細胞があるため葉の表面が凍ったように見え霜が降りたようにキラキラ光っています。大粒の塩の結晶が付いているようにも見えます。
これをサラダにしました。シオーナそのものは塩味がするといっても殆ど無味ですが食べた時の食感が爽やかです。
難を言えば価格がまだ高いという点でしょうか、静岡県産のシオーナは50g(数本入りのパックで)で300円ほどです。
b0002123_12275883.jpg

上記の画像は葉の部分をサラダにとむしった後に慌てて写真を撮ったので丸坊主みたいですが、この後クキもちぎってサラダに追加しました。 捨てるところは全くありません。

2009年の秋頃から日本でも改良した品種を栽培しているそうなので今後値下がりも期待できそうです。
結構人気で品切れ続出のようです。
[PR]
by koukinobaaba | 2010-08-02 17:32 | 面白記事
<< レベッカ・アッシャー Rebe... 創作洋菓子 モンペリエ >>