白いタイヤキ

蒸し暑くなった今になって思い出したことは、以前お土産に貰った白いタイヤキです。

白い鯛焼き?ってどんなの?と思っていたら皮が小麦粉製でなくタピオカ入りでパリットモチモチの新食感なんです。
ナント、皮を捏ねる水は還元水なんだとか。
淡いピンクやグリーンなどがあり、まるで引き出物かおひな祭りのお菓子のようです。
おまけに普通は小豆のアンコが入っているのですが黒あん、白あん、チョコレートクリーム、カスタードクリームなど何種類もありバラエティに富んでいます。
1個は定番が130円と抹茶などが150円。

これが巷では大人気で行列ができるとか。
白いタイヤキグループという会社が2008年頃からフランチャイズを展開しているそうですが通販もあるとか。
白いタイヤキグループ

私が食べたのは白いタイヤキグループの商品でしたが、なんと元祖白いタイヤキという尾長屋が見つかりました。どっちが元祖でもかまいませんが。

で、食した我が家のメンバーの感想は全員一致で   却下!
なにしろ私たちはもう若くないもので、群がってパクついているのは女学生や中学生の食べ盛り世代なんだだそうです。
[PR]
by koukinobaaba | 2010-06-22 21:01 | 面白記事
<< サボテンの花 消毒エタノール含浸綿 ワンショ... >>