ポール・ウィリアムズ Paul "Mr. Hucklebuck" Williams

Paul Williams(ポール・ウィリアムズ)は1950年代から1960年代にかけて活躍したR&B(リズム&ブルース)のサックス奏者です。
バリトン・サックスとアルトサックスも演奏するポール・ウィリアムズは学生バンドからニューヨーク地元のNew Jerseyレーベルに入り、1940年代頃にはにLucky Millinder(ラッキー・ミリンダー)楽団に参加して1947年には自分のバンドを結成し、1948年にSavoyレーベルで”Hucklebuck(ハックルバック)”を吹き込みました。
サックスがブレイクするダーティ・ダンス・チューンの”The Hucklebuck”は当時の黒人たちに人気となり1949年にはチャート入りしてトップを何ヶ月も連続キープしたそうです。それ以来、ポール・ウィリアムズは”Paul "Hucklebuck" Williams”となりました。 まさか、”ホモ男”さんじゃないでしょうね。

ちょっとツイストのようなR&B曲の”The Huckle-Buck”はビッグバンドのTommy Dorsey(トミー・ドーシー)でFrank Sinatra(フランク・シナトラ)が歌い、1951年の「Swing and Dance with Frank Sinatra」(ASIN: B0012GN3HS)というスウィング&ダンスアルバムに収録しています。
Louis Armstrong(ルイ・アームストロング)も同年1951年のアルバム「Satchmo at Pasadena」に録音し、ヴァイブ奏者のLionel Hampton(ライオネル・ハンプトン)も1950年にギタリストのWes Montgomery(ウェス・モンゴメリー aka John Leslie名義)のアルバムに収録、現在はCDの「Complete Recordings With Lionel Hampton」です。 この他にもブルースギタリストのやEarl Hooker(アール・フッカー)がサン・レコードで1953年に吹き込んだというほど人気があったそうです。(アルバム「Boppin' the Blues」に収録)
”Hucklebuck”に類似したR&B曲では美人シンガーでHip Shakin' MamaのChubby Newsome(チャビー・ニューサム)が歌った”Where's The Money, Honey?”があります。
その熱狂的な人気ゆえ、ツアーでは席が足りなくて暴動も起きたという”Hucklebuck”は単に曲というよりダンスの代名詞になったとか。

ポール・ウィリアムズの”Hucklebuck”は1945年にビバップのCharlie Parker(チャーリー・パーカー)がポール・ウィリアムズと同じSavoyレーベルで吹き込んだブルース曲の”Now's the time”のリフ(フレーズ)なんだそうです。 そのチャーリー・パーカーだって代表曲のひとつである”Ornithology”は”How High the Moon”の進行コードをパクったそうです。 ”Hucklebuck”には後からRoy Alfred(ロイ・アルフレッド)の歌詞が付けられてRoy Milton(ロイ・ミルトン)など何人かのR&B歌手が歌いましたが、”Hucklebuck”を歌ったというブルースマンでアール・フッカーの叔父であるJohn Lee Hooker(ジョン・リー・フッカー)の”Boogie Chillun”も大ヒットしたんだとか。(この曲はHucklebuckには全くく聞えずHucklebuckが歌詞に出てくることもなくBoogie, Boogieと歌っているだけ。)

Lucky Millinder - Do The Hucklebuck (1948) - Dailymotion.com
Charlie Parker - Now's the time - YouTube
John Lee Hooker - Boogie Chillen - YouTube

ポール・ウィリアムズはこんな顔
b0002123_20184031.jpg
COMPLETE RECORDINGS 1949-1952 VOL.2


ポール・ウィリアムズのアルバムには上記の「COMPLETE RECORDINGS 1949-1952 VOL.2」(ASIN: B00003NH75)以外に、"Hucklebuck”が収録されたベスト盤の「COMPLETE RECORDINGS 1947-1949 VOL.1」や「Complete Recordings Vol. 3: 1952-1956」もあります。

ポール・ウィリアムズの”Hucklebuck”はコンピレーションアルバムの「100 Hot Rhythm & Blues Tunes from...the R&B Years 1949」(ディスク2の”Hucklebuck”はRoy Milton(ロイ・ミルトン))や「Savoy Chart Busters」(ASIN: B002ED18K2)や「Wailin' Saxophone Legends」(ASIN: B0027D5RJ2)にも収録されています。
♪ ”The Huckle-Buck”の試聴はPaul Williams - Huckle-Buck (Savoy Chart Busters) - Amazon.com
♪ Paul Williams - The Hucklebuck (Wailin' Saxophone Legends) - Amazon.com
どうです、聴いたことあるでしょう?

♪ ポール・ウィリアムズのLPアルバム「The Hucklebuck」から”Huckle-Boogie”と”Alcohol ”が続けて聴けるwfmuラジオのプレイリストはBob Brainen's playlist November 6, 2005
Listen to this show! RealAudio”をクリックするとReal Playerで聴けます。
クリップ・ポジションを53:26まで移動するとすぐです。

ダンスホールでみんなで踊ったちょっとセクシーな”Hucklebuck”をあなたもご一緒に!
How to dance "Hucklebuck" - YouTube
lined dance "Hucklebuck" - YouTube
Chubby Checker - Do The Hucklebuck - YouTube




追記
この記事を書いて1年半ほど経過した頃に1通のメールが届きました。
見知らぬ送り主はたいていの場合迷惑メールですから開けるのを躊躇しましたが好奇心に駈られてクリック。
結果、見ず知らずの”リサ康ウィリアムズ”さんに感謝することに。

私がAudio-Visual Triviaで書いたチャーリー・パーカーの記事でポール・ウィリアムズに言及したことをリサさんが知ったらしいのです。差出人がポール・ウィリアムズの孫娘となっています。文字化けかロボット翻訳を使用したかは不明ですがその名前が”リサ康ウィリアムズ”。 多分”Lisa Y. Williams”なんでしょう。
メールと同じ位の時刻のAudio-Visual Triviaのアクセスログを確認したらアメリカのIPアドレスから”Paul Hucklebuck Williams”のキーワードでサイト内検索がありました。
そのメールに返信したら即刻返事があり、リサさんはここ数ヶ月ポール・ウィリアムズのサイトの情報を広めているのだそうです。

私には実のお孫さんかどうかは確認のしようがありませんが、ともかく文中に二つのリンクが書かれていました。
一つはFacebookのリンクでポール・ウィリアムズのサイトとなっており、写真やバイオグラフィや音楽が聴けるページがあります。
もう一つのリンクは2010年に作成したらしいYouTubeのポール・ウィリアムズのチャンネルです。

Paul Hucklebuck Williams WebSite
PaulHucklebuckWms's Channel - YouTube

ちなみにPaul Williamsというと1960年代に”マイ・ガール”がヒットしたThe Temptations(テンプテーションズ)のリードボーカルや同年代ですがソングライターでもあり映画にも出演したポール・ウィリアムズも存在します。




[PR]
by koukinobaaba | 2009-09-22 20:42 | 音楽
<< ゆうご君とこう君 iTunes 9 ホームシェア... >>