最新バージョンのiTunesで設定アシスタントが表示される不具合 

PCを起動したらiPodを接続しているのでいつもならiTunesが自動で立ち上がるのですが、2009年7月初頭に最新のバージョンをダウンロードした後に不具合が起こりました。

iTunesが立ち上がらずに「itunes へようこそ」とiPod 設定アシスタントが毎回表示されるのです。設定アシスタントが表示されるのは初めていTunesをインストールする時だったと思うのですが。

不思議に思い、Googleで検索してみると、やはり起動するたびに毎回この「設定アシスタント」が表示されるユーザーがいるらしいのです。





アップル・コムのサポートでは”iPod が接続されるたびに iTunes に iPod 設定アシスタントが表示される”問題についての解消方法が載っていました。

それによると、「ネットワークドライブや、通常ハードドライブに割り当てられる文字が iPod のドライブ文字として指定されていると、Windows エクスプローラや iTunes で iPod に対して「iPod が接続されるたびに iTunes に iPod 設定アシスタントが表示される」という現象が発生する。」とあります。
私のPCはWindows XPなので、対象となる製品のMicrosoft Windows XP、あるいはiTunes for Windows に該当すると思います。

そして、この現象の解決方法として
この問題を解決するには、ネットワークボリュームのドライブ文字を変更します。特定のドライブ文字がプログラムに割り当てられているために、ネットワークドライブのドライブ文字を変更できない場合は、以下の手順で iPod のドライブ文字を変更します。」
と書かれていました。
但し、
重要:iPod のドライブ文字を変更しても、次に接続するとiPod の文字が元に戻っていることがあるため、この方法は長期的に最善の解決方法とはいえません。ネットワークドライブのドライブ文字を変更できない場合は、システム管理者にお問い合わせください。」
という注意書きもあります。

上記の説明と以下の作業はこちらのサポートに図解入りで載っていますので必要な方はご覧下さい。
support.apple.com

ドライブ文字を変更する方法
コントロールパネルを開きます。
「管理ツール」をダブルクリックします。注意:「管理ツール」が見つからない場合は、「コントロールパネル」の左側に表示される「クラシック表示に切り替える」をクリックします。
「コンピュータの管理」をダブルクリックします。
左側の欄で「ディスクの管理」をクリックします。
iPod を右クリックし、次に「ドライブ文字とパスの変更」をクリックします。



・・・と書いてありました。こんなことするの?

私の回避方法
とりあえず、「itunes へようこそ」という設定アシスタント」の「次へ」ではなく隣の「キャンセル」ボタンをクリックしたら、以前の通りにiTunes が表示されました。
但し初回はいつもは隠している右のサイドバーが表示された状態でしたが設定が全てリセットされてしまうこともなく、音楽もちゃんとリストに載っています。 右のサイドバーは普段から邪魔なので消しています。

毎回キャンセルをクリックするのも面倒です。
回避するにはiTunesを初期化するだとかいう方法も見つけましたがそれも厄介なので今のところは次のバージョンアップで修正されるのではないかと期待しています。
ともかくiTunesはバージョンアップするたびに何か不具合が起こります。

もし、修正されなかったら?
そう、その後アップデートはあったのですが、依然として「設定アシスタント」が現れます。
キャンセルしてiTunesを表示させているので一応、音楽もPodcastも問題なく聴けるのですが、他にも不具合があるのでしょうかね。
iTunesの言いなりにインストール時みたいに「設定アシスタント」の「次へ」をクリックしてやれば気が済んでもう出てこないかも。 ??

追記
そうです、2009年9月11日に”iTunes 9”を入れた時、「iTunesにようこそ」に素直に従ったら次回からは表示されなくなりすんなりとiTunesが開きました。
iTunes 9 ホームシェアリング
[PR]
by koukinobaaba | 2009-07-13 01:17 | 面白記事
<< Firefox バージョン3.... リンク・レイ  Link Wray >>