最近のハードウエアまたはソフトウエアの更新が原因の可能性があります

数日前のこと、コンピュータの起動をしたらいつもとは違ってDOS(ドス窓)のような「黒い画面」エラーがまず現れました。
そこに書かれていたのは、「ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく開始できませんでした。最近のハードウエアまたはソフトウエアの更新が原因の可能性があります。 コンピュータが応答しない場合、予期せず再開始した場合、ファイルとフォルダを保護のため云々。」
「ご迷惑をおかけしております。」というからには私じゃなくてパソコンが悪いのか。
何をやってもこの黒い画面しか出ない方もいるらしい。 恐ろしいことじゃい。

何?なに?としっかり見ようとしたら消えてしまい、正常に起動が始まりました。そのまま起動しなかったらどうしようかとドキドキしましたが運よくデスクトップが見えてきました。

その翌日のこと、コンピュータの起動をしたらいつもとは違ってブルースクリーン(青い画面)が現れました。
そこには、「A Problem has been detected and windows has been shut down to prevent damage to your computer.」と表示されています。
顔が青くなりそうでした。Windowsが死んだのか?
前日同様にこの後すぐに正常に起動してデスクトップが見えました。 ホッ!

いったい何なのかとGoogleで検索してみると、「・・・方法はハードディスクの交換も考えられますが、残念ながらお持ちのパソコンはすでに数世代前のパソコンです・・・」なんていう回等を見つけてギョッとしました。
私のPCはどんどんハードデスクが壊れているのでしょうか、そろそろご臨終かも。

ハードデスクの交換? リカバリ? うんな、ばかな!
バカでもありません。私のパソコンは4年前に新品を購入したのですが、息子が言うには4年が限界だそうです。

えーい、ままよ! とスキャンデスクをしてみたら何も出てこずにふつうに起動しました。
明日もこうだとラッキーだけど。
私のPCはメモリも不足してるし、新機種はすごい容量だそうだからとは思うが10万円以上の買い物は足踏み、足踏み。
[PR]
by koukinobaaba | 2009-07-07 22:12 | 面白記事
<< 市川動植物園で飼育されている子... 元気で愉快な三兄妹 >>