最新検索エンジンのクール Cuil.com

Cuil - The World's Biggest Search Engine
私の映画と音楽のブログ「Audio-Visual Trivia」に気になる検索が入ったのでそのIPアドレスを調べてみたところCuil.comのクロールであることが判明しました。

このグーグルならぬクールという新型の検索エンジンは元Google社員が開発したそうで2008年の夏ごろに公開されたようです。

どこがGoogleと違うかというと、Googleはリンクの解析やアクセス数から判断して順位を決定するのですが、Cuil.comの場合はサイトの内容を判断して検索順位を決定するのだそうです。
だから集客が少なくとも良いコンテンツのサイトなら検索結果の上位に表示される仕組みになっているわけです。また表示方法が変わっていて2~3カラムに分けてありあます。どういった分け方なのかがまだよく飲み込めません。この方式だと1ページが短いのでスクロールが少なくなります。

自分のブログでテストしてみた結果、”http://www.audio-visual-trivia.com/”で検索してみるとGoogleだと910件が表示されますが、Audio-Visual Triviaのリンクが含まれている関連記事が表示されるクールでは3,963件でした。これはGoogleではリンクになるのでしょうか。
”www.audio-visual-trivia.com/”ではGoogleが増えて2,930件ですが、クールでは”http://”を入力した時と同じ3,963件でした。
又”audio-visual-trivia.com”だけで検索したらGoogleではさらに増えて3,080件でしたが、クールでは逆に大幅に減ってたったの278件でした。
次に私のIDである”koukinobaaba”で検索したところ、Googleでは4,480件ですが、クールではたったの579件でした。Googleとクールでは数的にはほぼ逆の結果が出ます。
ブログの記事のタイトルだけでは当然1ページ目に表示されないので、記事のタイトル”peter gunn”と私のIDを一緒に検索してみました。”peter gunn koukinobaaba”
するとGoogleでは関連記事も含めて67件で、クールでは私の記事のみ3件が表示されました。
何でこの「Hot'n Cool」を検索してみないかって?やってはみましたが何しろコテコテの日本語ブログですから結果が思わしくないのです。
例えば、http://zenigeba.exblog.jp/ で検索してみたら、結果は792件とは表示されたのですが、トップページにはこの「Hot'n Cool」の記事は表示されず関連記事ばかりです。Googleでは1,090件ですがやはり「Hot'n Cool」の記事は表示されていません。
私が関連記事といっているのは当ブログのURLが載っているよそのブログのこと。

☆GoogleやYahoo!などの検索結果とは全く違いますから私には利用する意味がありません。

※クールでは日本語への対応はあまりされていないようで、ブログのタイトルや検索語が日本語だと全く検索結果に表示されませんでした。クールが現在対応している原語は英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語、ポルトガル語、トルコ語だけです。

Cuil.comのクローラーが私のブログ「Audio-Visual Trivia」を巡回しているということですからもっとインデックスされるかもしれません。期待しましよう。

ですがクールは日本語に対応せねば検索エンジンとして大成しませんよ!

追記
2009年暮れに再び”Audio-Visual Trivia”で検索しましたが、期待は外れたようで、Audio-Visual Trivia内のアーティスト記事が2件ほど、URLのwww.audio-visual-trivia.comではリンクされた先が2件表示されたくらいです。
日本語の対応はまったくしていないので、こちらからは、まだやってるのね。。。という感じです。

クールなサーチ・エンジン「Cuil.com」は現在行方不明?と思ったら、2010年ごろ閉鎖になったとか。
[PR]
by koukinobaaba | 2009-05-22 19:31 | 面白記事
<< ウォルト・ディッカーソン Wa... 大失敗した! ギラギラ光る無料... >>