P2Pでのファイル転送 BitTorrent

私のブログのAudio-Visual Triviaの方に入ってきた検索語に”Torrent”があります。

音楽の曲名とTorrent
例として「Perez Prado Cereza Rosa Torrent」

Torrent自体の英語の意味は激流とか急流だそうですが、検索語としてのこの”Torrent”が何だか分らなかったので調べてみました。

インターネット上で音楽のサイトで”Torrent”がP2P(peer to peer)ネットワークでのダウンロードに使われているようです。
拡張子が *.torrentとなっているTorrent方式の音楽ファイルを保存したら、ファイル共有ソフトの”BitComet”などの互換クライアント(BitTorrentなど)を使って高速ダウンロードするのだそうです。
やはり、意味は「急流のように速くファイルを落とせる」だそうです。
2003年にリリースされたBitTorrentは音楽や映画、商用アプリケーションを提供するためにも利用されているそうです。
※ファイル共有ソフトとはファイル交換ソフトとも呼ばれ、インターネット上で音楽などのファイルを多数のユーザ間で共有することを目的としたソフトウェアなんだそうです。

私も昔々、英語版ですが2001年にリリースされたWinMXで試してみたことがあります。そういえばはWinMXは急流なんて具合にはいかず、べらぼうに遅かった。ある曲のファイルを落としたらそれがアルバムだったらしく相手も私もオンラインなわけですから、解凍の仕方をチャットで教えてもらったこともあります。当初はWinMXで大変興奮しましたが、ダウンロードが重いし、ファイルは容量を食うので欲しくないと思ったのです。 
ですが、このWinMXは著作権の侵害で利用者が逮捕されるなどした後に閉鎖に追い込まれたとか。日本では匿名が特徴の2002年にリリースされたWinnyがあるそうです。
ところがこのBitTorrentはファイルの配布に使われるサーバの負担をかなり減少させることができるのだそうです。

宣言!
私のブログにはトレント・ファイルは置いてません。
[PR]
by koukinobaaba | 2009-05-21 17:07 | 面白記事
<< キング・クリムゾン King ... 今年も母の日は お刺身 >>