ウイルス感染? JS/Downloader.Agent 無料PC セーフティのスキャン

昨夜のこと、いつものようにインターネットで調べものをしている時、ちょっと気ぜわしくて落ち着いて見なかったことを後悔したのですが、あるサイトにアクセスしてページをブラウズした途端に警告がポップアップしました。
それもきちんと確かめなかったことをこれまた後悔しています。

たしかWindows側からの警告があったと思います。
そしてAVGからも。
私はWindows-XPでウイルス対策ソフトとしてフリーのAVG-8を利用していますが、そこからの警告です。
ポップアップしてきたその警告には2項目がリストアップされていて今現在Trojanウイルス(トロイの木馬)に侵されたようなことが表示されていました。このTrojan-JS/Downloader.Agentも何種類かあるようです。

とりあえずAVGのウイルスのリストで項目を右クリックしてウイルス格納庫に隔離する選択をしたのですが、一つはできたのにもう一個ができません。なぜか見つかりません(削除できない)というのです。 げっ!
1個のウイルスの場所はTemporary Internet Filesだったので、すぐにインターネット一時ファイルを全て削除しておきました。効果あったのかどうか。。。
で、AVGのインターフェイスの履歴からウイルス格納庫を表示させてみるとその時は1個はリストに入っていました。
最初に表示されたもう1個はどうなったのでしょう。
ウイルス名がDownloaderということなのでもしも他のMalware(スパイウェア)が入ってしまって[システムの復元] を無効化して削除されたりWindowsの正規のファイルを書き換えられても困ります。
ウイルスに侵されたファイルを削除してもレジストリ(情報を格納したデータベース)が改変されているなら直す必要があるとか。最悪はデータをバックアップしてリカバリするんでしょうかね。
ただ一部の方がおっしゃっているように通常起動にすると再度警告が出ることはありませんが。

Internet Explorer 6 以上なら機能するというので、オンライン・スキャンでもやってみようかとWindows Live OneCareのPC セーフティのスキャンを無料でお試しくださいでスキャン プログラムをインストールしたのですが、毎日恒例のAVGスキャンが始まってしまったので実行しませんでした。※Windows Live OneCareのサイトには当然ながらブラウザはIEでアクセスします。Firefoxでは機能しません。
※数時間を要するこのスキャンですが、利用した後には再起動が必要かもしれないそうです。

WindowsとAVG共に英語だったものでよくワケが分らず取り扱いが正しかったのかどうかと悩んで夜も眠れませんでした。あぁ、もう私のPCがゾンビになっちゃったかしら。。。

と、寝坊した朝、AVGのVirusu Vault(ウイルス・格納庫)を確かめたのですがなぜか昨夜のウイルスがリスト見当たらないのです。過去にも4個ほど隔離してあるのはリストに残っているのに。 忽然と消えちゃったのか、どうなったのだろう!

ウイルスの警告が出た時は某写真家のバイオ(書籍)「Diane Arbus A Biography」を探していた時に見つけたショッピングサイトでした。
アドレスは www.redtagshoping.com で、特に変わったサイトとも思えません。このサイトがウイルスをまいているのかウイルスに感染しているのかも不明です。 AVGのセキュリティバーをオンにしても何も警告されませんから、多分濡れ衣でしょう。もしかするとこのサイトの前のサイトなのかも、むむ、覚えてない!

肝心なinfectedウイルスの名前
Virus identified JS/Downloader.Agent.... と書かれてありました。
スパイウェアのたぐいなんでしょうかね。

Live OneCareのスキャン
Windowe Liveのサイトで「今すぐインストール」のボタンをクリックすると、PC 「セーフティのスキャンを無料でお試しください」のページでOneCare pcが別窓で立ち上がります。フルスキャンにチェックが付いているのでそのまま「次へ」をクリックすると始まります。2時間30分経ってもやっと50%完了なんて!
スキャンしていると重いので余りコンピュータを使うことはできませんから、就寝中や留守中にでもやると良かったのでしょう。私の場合は約3時間かかりました。結果はウイルスもスパイウエアも見つかりませんでした。
表示された結果は
①「レジストリ クリーナのスキャン」で890件もの無効な項目が見つかりました。(赤いシールド)→不要なレジストリは1 か月に 1 回削除するのが望ましいそうです。
②「ディスクのクリーンアップ スキャン」では
74.9MBの一時ファイルが見つかりました。→一時ファイルも1 か月に 1 回削除すれば良いらしいですが私は毎日PCを終了する前にしています。なので74.9MBがどのくらいの容量を食っているのかは分りません。
③ディスクの最適化を実行する必要はありません。

それで問題の赤いシールドが付いた危険マーク「890件もの無効な項目」をチェックしてみます。
左のチェックマークをクリックすると開いて各項目を見ることができます。
全てにチェックが入っているのでそのまま下の「次へ」ボタンをクリックしてみます。
するとレジストリ クリーナのスキャンが始まりあっというまに終ってしまいました。後には「OneCare pc セイフティ」の無料お試し版のお勧めが表示されました。とりあえずOneCareは使用しない方を選んで次のページにいきます。「次ぎへ」ボタンをクリック、状況結果をマイクロソフトにアップロードしているのでそうです。
最後に「完了」ボタンをクリックしてやっと終了!
☆ともかくウイルスには侵されていないとみて良いのでしょう。

終って、ふとタスクバーに目をやるとまだOneCareのアイコンがいるのです。マウスを当ててみると「ディスク ボリュームのいくつかが断片化されています。」と出ます。
右クリックで開いてみるとDisk Keeperのフルバージョン購入のお勧めでした。 ふむ。
とりあえず「閉じる」ボタンをクリックしました。 でもまだアイコンがあるので良く読むとデフラグを手動でやらないといけないらしい。時間がかかるから後で ね。
あっ、そうそうスキャンが終ったら再起動するんでしたね。再起動したらすっこみました。

Live OneCareでスキャンした後にやること!
私はまだIE6を利用しています。IE7も実行しないままデスクトップに置きっ放しなのでやらないといけません。IE6だとアクセスしたサイトによってはでセキュリティに問題があるのでIE7にしてから再度アクセスするように表示されたことがあります。
なぜIE7にしていないかというと、バージョンアップのお知らせがあった時点でIE6からIE7にしたのですが、開く度にフリーズしたり落ちてしまったりと不具合続きでとてもインターネットをやってられませんでした。でIE7をアンインストールしてIE6に戻したのです。
ともかく古いバージョンだとセキュリティ関係が危ないそうなので最新版にする必要があります。
私の場合はまず、IEのバージョンを7に、firefoxも最新版にしなくてはいけないのです。やれやれ。

私の息子の言い分
①大事なファルは常にバックアップを取っておくこと。
②ウイルスに感染したPCは捨てること。(4年に一度は買い換え)
えっ、おい!こら!

追記
この後すぐにデスクトップに置きっぱなしのfirefoxの3.09 exeを実行しすんなりとバージョンアップできました。
問題はInternet Exproler 7の方で、exeを実行したところ15分もかかったのにこんなメッセージが表示されました。
「最新の行進プログラmうをインストールできませんでした。再起動後、IEを開いて「ツール」のボタンをクリック、Windows Update をクリックしてください。」
なので、「今すぐ再起動する(推奨)」ボタンをクリックした。
再起動後にIEでWindows Updateをしてセキュリティを含む3個のプログラムをインストールして終了。
しかし、「Windows Genuine Advantage」のインストールのお知らせが出てOKにしないといつまでもいるみたいです。これは私が使用しているPCのWindowsが正規品であることを確認するのだそうです。
つまりWindowsのスパイです。 Windowsに限らず色々なソフトを不正にコピーする昨今ですから、プロテクトが必要なのでしょう。一応、息子に問い合わせてみたら「正規だからインストールして大丈夫」と言うので3日後にやっとインストールしました。
その後に表示されたページは正規の Microsoft ソフトウエア
私には特別にお得なサーヴィスは見つかりませんが。
IE7にしたので、先だってIE6ではアクセスを拒否されたサイトを訪問したところすんなりと表示されました。
※IE7にして見た目が変わったのはULRの前に表示するようにしたファビコンが見えることで、便利なのはFirefoxなみにタブが使用できることとログインページでIDの頭何文字かを入力しただけでフルに表示されることです。

2009年3月にもう最新の Web ブラウザー、ベータ版ではなく正式版の”Internet Explorer 8”がリリースされたのだそうです。忙しいこっちゃ!
[PR]
by koukinobaaba | 2009-04-13 15:19 | 面白記事
<< トランペット・ボーイ Trum... シド・ローレンス Syd La... >>