アニタ・カー Anita Kerr

アニタ・カー?
誰だっけ?
ということで調べてみました。

アニタ・カーは1950年代から1960年代に人気があったメンフィス出身の歌手で、Anita And Th' So-And-So'sという多重録音で”Joey Baby”をヒットさせたそうです。

美しいハーモニーで定評のあったThe Anita Kerr Singersという男女混声コーラスグループを結成して”Forever”というヒット曲を生み出し、ナッシュビル・サウンド全盛期の代表的なボーカルグループだといわれたそうです。レコード会社との契約問題からそのグループから4人で組んだThe Anita Kerr Quartetは”The Little Dippers”というグループ名で”Forever”を吹き込んだそうです。よって”The Little Dippers”名義で契約が終った後に本来のAnita Kerr Singers名義で”Forever”を録音したとか。
※このボーカルカルテットのThe Anita Kerr Quartet(Little Dippers)はサラ・ボーン(Sarah Vaughan)で有名なピーターガン(Peter Gunn)のヴォーカルテーマl曲の”Bye Bye”にチャレンジしたそうです。
「We Dig Mancini」という1965年のVictorアルバムに収録されているそうなのでぜひ聴いてみたいです。
「We Dig Mancini」にはヘンリー・マンシーニ作曲のBaby Elephant Walk Charade、Bye Bye、Dreamsville 、Days of Wine and Roses、Pink Panther Theme 、Moon River などのインスト曲をアニタ・カーがボーカル用にアレンジした12曲が収録されているそうです。

Anita Kerr Singersは1960年代にコロンビア、RCA、デッカレコードなどのバックコーラスとして、カントリーのジョニー・キャッシュ(Johnny Cash)をはじめ、ウィリー・ネルソン(Willie Nelson)やパッツィ・クライン(Patsy Cline)やブレンダ・リー(Brenda Lee)、ポップスのロイ・オービソン(Roy Orbison)やパット・ブーン(Pat Boone)やボビー・ヴィントン(Bobby Vinton)、それにペリー・コモ(Perry Como)やローズマリー・クルーニー(Rosemary Clooney)などのバックコーラスを務めたそうで、ナッシュビルのレコードィング・スタジオで録音されたレコードにはかなりの割合でAnita Kerr Singersがバックアップしたそうです。ですが、バックコーラスでは確認のしようがありませんが。
下記にスイス公演のビデオがありますが、アニタ・カーのご主人がスイス人なんだそうで、1970年代にはスイスに移住したのだそうです。

アニタ・カーはこんな顔
b0002123_15124292.jpg
Music Is Her Name

Anita & Th' So-And-So's (Anita Kerr) - Joey Baby - YouTube
The Anita Kerr Singers - Forever & Guitar Country - YouTube
The Anita Kerr Singers - Oh, Lonsome Me & Georgia on my Mind (1964)- YouTube


☆アニタ・カーのアルバム「From Nashville... The Hits of Anita Kerr」から”You Don't Know Me”が聴けるAnita Kerr Singers Discography - Primarily A Cappella Singers.com

私が知っているアニタ・カー・シンガーズといえば1957年に吹き込まれてからクリスマスソングの定番となっているボビー・ヘルムス(Bobby Helms)の”Jingle Bell Rock”くらいでした。
Bobby Helms with The Anita Kerr Singers - Jingle Bell Rock - YouTube



[PR]
by koukinobaaba | 2009-02-26 15:14 | 音楽
<< オマーラ・ポルトゥオンド Om... 破れ障子 >>