ウィリー・メイボン Willie Mabon

メンフィス育ちのウィリーメイボンは1950年代の初期にI Don't Know、I'm Mad、Poison Ivyなどのヒットを放って定評のあるピアノ演奏とともにシカゴブルースの代表的ともいえるミュージシャンだったとか。

当時のブルースマンの初期に多いストリート・ミュージシャン風のハープやギターというよりもピアノやテナーサックスをフィーチャーして垢抜けたジャージーな音楽スタイルだったそうです

しかしロックンロールの台頭とともにR&B界でヒット曲をリリースしてR&Bファンを夢中にさせたそうです。
ウィリー・メイボンの吹き込みは1955年に炸裂したフードゥー(hoodoo)っぽい”The Seventh Son”を含めてチェスレコード(Chess)の語り草となっているそうです。が、チェスを離れてレコード会社を転々としてからの1960年代後半は鳴かず飛ばずだったそうです。

ところがどっこい、多くの黒人ブルーマンがそうだったように、ですがちょっと遅めに1972年にパリに渡ったウィリー・メイボンはカムバックを果たし生涯ヨーロッパを公演して回ったそうです。

ウィリー・メイボンはこんな顔
b0002123_20293739.jpg
Chicago Blues Session!
オリジナルは1979年のアルバムの全曲試聴
Chicago Blues Session! - cdUniverse


Willie Mabon - I Don't Know - YouTube
Willie Mabon - The Seventh Son- YouTube
Willie Mabon - I'm Mad - YouTube
Willie Mabon - Lucinda - YouTube



[PR]
by koukinobaaba | 2009-02-20 18:45 | 音楽
<< 破れ障子 Yahoo!LAUNCHcas... >>