このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。 その2

事件ですよー!

以前、2007年の9月でしたが、「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」という記事を書きました。
今日2009年1月31日午後11時50分頃のこと、再び見たのです。
過去記事はこちら

今回は上記の内容とは全くもって別のGoogleの不具合事件です。

このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。
検索結果の全てに表示されていました。
(クリックで画像拡大)
b0002123_23571323.jpg

はあ?、「私のサイトにアクセスしてもウイルスなんて感染しませんよ。」と、自分のサイトを検索してみましたがちゃんと上記の文言が表示されています。
なにおー?とアクセスを試みたのですがアクセスできずに以下の表示
b0002123_042561.jpg

(クリックで拡大)
当然、このエキサイト・ブログ (exblog.jp/) も同じように警告されます。

Google では、安心してウェブ検索を行えるよう、危険なサイトの識別とユーザー保護の強化に取り組んでいます。」とはGoogleの弁ですが。
これじゃどれが本物のウイルスバラ撒きサイトなのか分りません。
アリババの油壷じゃあるまいし。

いったい何が起きたのか?私だけのトラブルなのか?
Googleさまのご乱心か?

試しにFirefoxを立ち上げてみたのですが検索がGoogleならいずこも同じでした。

☆Google以外のYahoo!検索(yahoo.co.jp)などは今まで通りですからご安心下さい。

2009年2月1日午前0時15分頃、上記の不具合は修正されたようです。

やれやれ!

そのせいか、この記事に数十分間で1500件ほどのアクセスが集中。



追記:
翌日には「単純な人的ミスが原因」という記事を見ました。修正するまで約 40 分間かかったそうです。
Googleではコンピューターに損害を与える恐れのあるサイトのリストをStopBadware.org という非営利団体と共同で管理しているそうですが、定期的に更新したリストをリリースしているところ、この更新されたリストのなかに "/" というパターンが混入していたために全ての URL がマッチしてしまったのだそうです。

つまり今回の不具合の原因が "/" (スラッシュ)であるというミスに気付くのに40分かかったわけですね。
[PR]
by koukinobaaba | 2009-02-01 00:02 | 面白記事
<< ホセ・ラカジェ Amapola... レッドクリフ Red Clif... >>