手作りバンバンジー(棒棒鳥)

昔はよく作っていたと記憶しているのに最近はとんとご無沙汰のバンバンジーです。

トリとキュウリさえあれば間に合うので簡単ですが難点はカレーと違ってこれ1品では夕食にはこと足りない点でしょう。肉を使用しているのでスープ以外は何を合わせれば良いのかが問題です。蟹玉か、春巻きか。

唐揚げではトリのモモ肉を使用しますが、バンバンジーに使用するトリは胸肉やモモ肉以外にささ身でも良いことが大助かりです。私はトリの皮やアブラが大嫌いだからです。モモやムネ肉は蒸したら叩いて柔らかくするそうですが(これが棒棒鳥の所以)、ささ身はそのまま裂けば使えるのです。

ササミを4~5本使用する場合のアバウトなレシピ(二人では多すぎる)

トリのささ身1本に対してキュウリも半分か1本を使用します。
◎そのトリのささ身を蒸すか茹でるのですが、先日TVの料理番組で知った裏技は私にピッタリです。
沸騰した湯にささ身を入れたら約5分間待つ。
トリを茹でる前に臭みを取るために塩少々と生姜1カケと青ネギと酒大匙2杯ほどを入れる。(胡椒も入れるレシピがあり) ササミなら塩少々でも臭みはありませんでした。
時間が経ったら引き上げて冷水(氷)であら熱を取る。冷めたらザルに取り塩と酒少々をふる。
アクを取った茹で汁は捨てずに味を調えてスープとして利用します。

さて、肝心なバンバンジーのタレです。
①すった炒り白ゴマ約100gに砂糖1に対して醤油2、酢は砂糖の半分量、これにゴマ油を砂糖の3分の1(少々)、生姜のミジン切りをゴマ油と同量、長ネギ10cmほどのミジン切りも少々。好みでラー油も少々。

昔はゴマはすり鉢で擂ったものですが、今はゴマスリ器があります。どちらも大量だと疲れます。道具を持っていない時は炒ったゴマをポリ袋に入れてビンなどでザラついて面の上でゴリゴリと転がしても出来ます。(団扇が最適) ですが練りゴマのように滑らかではありません。
※やはり当たり鉢はネットリと良くできますが押さえる人が必要です。(あぐらスタイルで足で挟めば?)

②より滑らかに仕上がる練りゴマを使用したタレもレシピを見つけましたが、ネリゴマは余り買い置きがありません。
練りゴマを100gに対して砂糖大匙2杯、倍量の酢、3倍の醤油に塩少々を混ぜる。

※キュウリに加えてレタスも敷くと豪華ですが、他にも大根の細切りでも合うらしいです。

えー、私は卵を入れたスープとバンバンジーだけで満腹となりました。

追記
昨夜作ったバンバンジーは私としては大成功!
裂いたささ身とキュウリの千切りを合えたものです。
タレはゴマ油、白炒りゴマとすりゴマ、酒、醤油、隠し味にマヨネーズと砂糖少々。
美味い!
[PR]
by koukinobaaba | 2008-12-13 13:18 | 面白記事
<< イラクでブッシュ米大統に靴 B... 夜を楽しく Pillow Ta... >>