チョコレートでギフト用のフルーツ・ブーケ Edible Arranements

先日、いつものようにYahoo!インターネット・ラジオのLAUNCHcastを聴いていて、情報を見ようとした時に表示された広告に目が留まりました。
無料で音楽を聴かせて貰っているLAUNCHcastには申し訳ないですが普段はどんな広告でもクリックしたことはありません。

Yahooサイトがアメリカなので当然宣伝もアメリカ国内の商品になりますが、今回見つけたのは時節柄ギフトに最適なブーケを販売しているギフト専用のフルーツ・ブーケ屋さんでした。

この店はネット販売だけでなく、北米及び中東など世界では870店舗があるチェーン店でそうで、10年ほど前にオープンしたとか。
フルーツブーケを注文することはないでしょうが、目の保養にご覧下さい。
一応サイトの左にメニューがあるのですがどれも似たり寄ったりです。
Edible Arranements

ブーケといっても生花ではありません。斬新なアイデア商品で、花の形に見立てた果物で作られたブーケなのです。花型に切り抜いたり串にさしてアレンジしたフルース花篭は見たことがありません。ブーケの中にはチョコレートでコーティングしたフルーツ花もあります。
とても可愛いのですがその値段はやすくとも3000円以上から1万円くらいとけっこう高価です。まぁ、プレゼントされるならどれでも大歓迎ですが。

なにしろまるごとではなくカットされているので、チョコレートがけでない場合には疑問点も多々あります。
衛生上問題はないのか?
鮮度は保てるのか?
搬送中にアレンジメントが壊れないか?
(上記のサイトでは配達員が剥き出しきで注文者に手渡していましたが、実際にはそんなことはないでしょう。)

日本では果実といえば陣中見舞いや病気見舞いとして、又海外ではホテルのウェルカム・アイテムとしてフルーツ・バスケットが定着しています。日本の旅館ではお茶と干菓子や梅干しなどですがね。ちなみにこのウェルカムフルーツを食べるかどうかの論議もみかけたkとがあります。バナナ以外のほとんどがナイフで皮を剥くなりカットするなりせねばなりませんが添えられていることは皆無だそうです。ま、危険だからでしょうか。よって全部が全部とはいえませんが置物と化してホコリだらけなんだそうですよ。
良心的なホテルでは冷蔵庫に綺麗にカットされて冷えたフルーツの皿盛りが用意されているそうです。そんなホテルに宿泊したいですが、このような心遣いのあるホテルは日本国内です。

都心でも丸ごとのフルーツカゴ盛りセットなら5000円代から1万5千円くらいで手に入りますが見た目は実用的です。リボンなどてっぺんで結ばれちゃ、まるでオタフク風邪にでもかかったみたいですからでちっとも可愛くはありません。私としてはこの方が長持ちするし衛生的にもよろしいかと思っていますが。

追記:
残念ながら2009年2月16日以降はカスタマイズしたLAUNCHcastのMYy Stationは聴けなくなりました。詳細はLAUNCHcastは終了

[PR]
by koukinobaaba | 2008-12-10 14:21 | 面白記事
<< 夜を楽しく Pillow Ta... フレディ・ハバード Born ... >>